HOME>オススメ情報>自宅が競売を申し立てられる前に任意売却してしまいましょう

自宅が競売を申し立てられる前に任意売却してしまいましょう

一軒家

なぜ自宅の競売は避けるべきなのか

マイホームを購入する時に住宅ローンを利用する人がほとんどですが、完済するまでには長い年月がかかります。その間にリストラや病気などで住宅ローンの支払いが滞ってしまう場合もあり、返済ができなくなると競売にかけられてしまいます。競売にかれられると市場価格の70%程度で入札される事が一般的です。売却価格が安くなるため多くの負債額が残ってしまい、自宅を失ってからも自己破産をしない限り負債を支払っていかなければならないのです。競売にかけられた後には1円も残す事ができないので、引っ越し費用すら捻出することができずに強制退去となります。競売にかけられると良いことなんで何もないので、競売を申し立てられる前に任意売却を検討してみるといいでしょう。任意売却は福岡の市場価格に近い価格で売却する事ができ、債権者と交渉する事によって引っ越し費用を残す事もできます。

積み木

競売はメンタル面でのデメリットも大きい

業者によっては近所に競売情報のチラシを配る場合があり、チラシには家の写真や最低売却金額等が掲載されます。そうなると近所の人が競売にかけられている事がわかってしまうので、精神的にも辛くなってしまいます。しかし任意売却なら一般的な不動産の売買になるので、近所の人に家を手放す事情を知られずにすみます。家を手放すだけでも精神的に大きなダメージを受けますが、任意売却なら精神的なダメージを減らす事ができるでしょう。また、開札されたら直ちに立ち退きを求められるので、それも大きなダメージです。競売の入札がはじまると任意売却ができなくなる可能性があるので、できれば入札開始前までには福岡で任意売却をする決断をするといいでしょう。