HOME>オススメ情報>住宅ローンが返せなくなったときに役立つ任意売却制度

住宅ローンが返せなくなったときに役立つ任意売却制度

女性

住宅ローンが払えなくなったときの奥の手「任意売却」とは

福岡でせっかく手に入れたマイホームも、住宅ローンを支払えなくなれば手放すことになります。その時には任意売却をすれば、問題を解決できますよ。購入した家のローンが支払えない場合、通常は競売にかけられて処分されてしまいます。競売は法的な手続きになるため、家から強制的に追い出されます。もし住んでいる家から追い出されたら大変ですよね、任意売却はそのようなリスクを減らせる方法です。この方法は金融機関と交渉して、競売ではなく通常の形で建物を売る方法です。金融機関と交渉して通常の形で建物を売れれば、競売で売るよりも高い値段で売れる事が多いです。その結果住宅ローンも返済できる場合もあるので、使いやすい方法ですよ。

家

一般的な住宅の売却と任意売却の違い

普通に建物を売る時に福岡では不動産屋に頼みますが、任意売却の場合は手続きが変わってきます。まずこの手続きをするためには金融機関との交渉が必要で、それが成立しないとできません。住宅を普通に売る場合は建物の権利を、住んでいる人が持っているので簡単にできます。しかし住宅ローンが残っている建物は、権利を金融機関が持っているため事前の準備がいります。金融機関との交渉は不動産を売ることについて、資料を使って相手に説明しなければいけません。その結果納得してくれば建物の売却はできますが、もしだめな場合は手続きができません。普通に住宅を売る場合と任意売却の最大の違いは、建物の権利を誰が持っているかという点です。この売り方では住宅ローンが残ったまま売るので、金融機関が認めてくれないと売れません。